Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jujutaku10/hacha-mecha.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
カードローンは仮審査を通過できればそれだけで利用できるのか | ※少額融資ならお任せ!※数万円借入したい人の為の金融案内!

カードローンは仮審査の通過で利用可能か

キャッシングベスト3

大学を卒業して就職したばかりのサラリーマンで給料も少なく趣味や遊びのお金がよく不足するので、できればカードローンを利用したいと思っています。
そのカードローンを利用するためには仮審査を受ける必要があると聞いていますが、どのような審査なのでしょうか。また、その審査を通過すればそれでカードローンを利用できるのでしょうか。

仮審査に通るだけではカードローンは利用できない

金融会社と契約してカードローンを利用するためには審査に合格する必要があります。審査は仮審査と本審査の2つがあり、両方の審査に合格して初めてカードローンを利用することができるのです。

仮審査はコンピュータシステムなどを利用して機械的に融資が可能か否か、融資可能な金額はいくらまでかなどを判断するための審査です。契約を申し込むときに、氏名、住所、電話番号、職業、勤務先や勤続年数などが個人の信用情報として求められますが、これによって仮審査が行われます。

個人の信用情報は全国銀行個人信用情報センターなどでの照合で確認されます。そして、その確認後に与信情報や融資に関係するさまざまなデータを根拠にコンピュータシステムが融資の可否を短時間で判断するのです。つまり、コンピュータシステムが、その申込者が融資してOKな人物なのか、どれくらい貸してもOKなのかを機械的に素早く判断するのです。

そして、その仮審査を通過すれば次に本審査に入ります。本審査は申込者の収入、他社での借入数、借入状況・返済状況、勤務先の種類、勤続年数、健康保険、住居形態、居住年数や家族構成などを人間によって確認し評価されるものです。つまり、人間が申込者の詳細な個人情報と金融会社ごとの評価基準により融資の可否と貸出可能額を決めるものです。

本審査では、人間の眼でより細かく情報を確認し評価していくため、申込時に不備な情報やウソの情報を提示しているすぐに発見され訂正が求められることになります。間違った情報提供では契約を拒否される可能性もあるため不確かな情報を申告しないように注意してください。そして、この本審査に合格すれば、めでたく金融会社と契約できカードローンを利用することができるはずです。

融資してもらいたいローンがあるならまず仮審査で可能性を探ろう

「ローンを申し込みたいのだけれど、まずどうすればいいの?」と申し込みに戸惑っているなら、まず申し込みたいローンの仮審査に申し込んでみてはどうでしょうか?

住宅ローンやマイカーローン、あるいは学資ローンやカードローンといった、あらゆるローンには事前審査と言われる仮審査が設けられていると言ってよいでしょう。そして、仮審査はどなたでも簡単に申し込むことができます。

仮審査の申し込みは至って簡単です。たとえば、マイカーローンだってインターネットから仮審査の申し込みができちゃうんです!具体的には、融資してもらいたい金融機関のHPから仮審査申し込みフォームに必要事項を記入して、あとは送信ボタンを押すだけです。

早ければ当日に電話か郵送で審査結果を教えてくれます。遅くても数日以内には確実に審査結果が届きます。このように仮審査に申し込んで、一応借入れ額が分かれば自動車の購入も余裕を持って選べますし、自動車購入のお金が一応確保されている訳ですからディーラーとの交渉も強気で望めるのではないでしょうか。

このように仮審査で融資が可能かどうかを前もって知っておけばメリットがあるのです。そして、仮審査が通れば本人確認も含めた本申し込みのために来店して融資契約を正式に結ぶだけなのです。

カードローンの仮審査なら早くて数分で審査結果を出してくれる金融機関が多いようですよ。そして、ほとんどのカードローンが来店不要でそのまま本審査に移行して即日融資も可能なのです。仮審査と言ってもほとんど本審査と言って良いかもしれませんね。

ただし、ローンの種類によっては仮審査でもやや面倒な手続きがあります。たとえば、住宅ローンがそうなのです。住宅ローンは、マイカーローンやカードローンに比べて融資額が大きいことから、仮審査でもそれなりの手間と時間が必要になるのです。

住宅ローンの仮審査の場合は、まず住宅ローンの仮審査申し込みフォームの必要事項を記入します。その他に源泉徴収票や自営業の方は確定申告書と3年間の納税証明書といった収入を証明する書類と身分証明書(運転免許証や健康保険証)のコピーの提出が必要となります。

また、住宅ローンの仮審査は通常来店して審査を受けます。そして、仮審査に通れば本審査へ移ります。

さて、「仮審査ではどんな点が審査されるの?」と思うでしょう…一般的にマイカーローンやカードローンの仮審査での対象となるのは、過去に金融事故を起こしていないかといった信用情報への与信と、現在他の金融機関を含めた借入れ額があるのかといった点だと思われます。

そのことからカードローンの審査においては、仮審査に通れば本審査でまず落ちることは無いと考えられるのです。他方で、住宅ローンの場合は、仮審査に通っても本審査で落ちる可能性があります。

住宅ローンの本審査では仮審査よりもさらに詳しい審査内容になると考えてよいのです。それゆえ、住宅ローンに申し込む際には、仮審査に通ったからと言って油断しない方が賢明でしょう。

住宅ローンの仮審査は、本審査を受ける資格を計る審査と考えておけば失敗しないのではないでしょうか。そして、このことはあくまでも一般論なのですが、どのローンの申し込みにおいても仮審査は仮審査であって融資を最終的に決定する審査ではないのですから、「仮審査に通ったから本審査も大丈夫」と短絡的に楽観することは禁物と言えます。

また、仮審査は借り手の信用能力を特に計る審査と考えておけば良いのではないでしょうか。なぜなら、信用能力の是非は、融資してもらう側の最低融資条件となるからです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 ※少額融資ならお任せ!※数万円借入したい人の為の金融案内! All Rights Reserved.