Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jujutaku10/hacha-mecha.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
こんな風に利用できる!みずほカードローンの特徴を生かす使い方 | ※少額融資ならお任せ!※数万円借入したい人の為の金融案内!

みずほカードローンの特徴を生かした使い方

キャッシングベスト3

私は45歳になる平凡なサラリーマンで住宅ローンをかかえながらも家族4人で毎月の生活をなんとか凌いで暮しています。
しかし、病気や事故によるケガなどいざというときのまとまったお金が心配なので、できれば住宅ローンでお世話になっているみずほ銀行のカードローンを利用したいと思っているのですが、どのような特徴があるのでしょうか。また、どのような使い方をすればメリットを得られるのでしょうか。

みずほカードローンは住宅ローンのある方には金利特典など魅力も多い

みずほ銀行のカードローンには様々な魅力がありますが、なかでもみずほの住宅ローンを契約していれば金利特典を受けられるという大きな魅力があります。その他にも素早い審査や即日利用、2種類のタイプ、最高限度額が1000万円といった特長もあります。

みずほ銀行でカードローンを契約する際に同行の住宅ローンを利用している場合、カードローンの店頭表示の基準金利を年0.5%引き下げてもらえます。この特典を利用するためには住宅ローンを契約しているみずほ銀行のお店でカードローンを契約する必要があるので注意してください。

基準金利は利用限度額に合わせて年率4.0%~14.0%の範囲で設定されています。利用限度額は10万円、20万円、30万円、50万円、さらに100万円~1,000万円(100万円単位での選択も可能)で設定することができるので、いざという時にも十分対応できるはずです。ただし、審査の結果によってはローンが利用できない場合や減額されることもあります。

契約の対象者は個人で、年齢が20歳以上66歳未満、安定かつ継続した収入が見込める人、保証会社の保証が受けられる人、という条件を満たしていることが必要です。もし契約者本人に収入がない時は、配偶者に安定かつ継続した収入があれば、利用限度額30万円を上限に申し込むこともできます。

契約と利用に関する特長では、みずほ銀行で口座を保有している人は最短即日でカードローンを利用することも可能です。また、同行に口座を保有していない人に対しても最短即日での審査の回答が行われますので利用が大変便利になっています。

また、返済については、みずほ銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、コンビニATM(イーネット、ローソン、セブン銀行)で随時返済することも可能です。ただし、都度の借入で利用する場合、ATM/CDの機種により利用できない場合もあります。また、同行や同行提携先が定める範囲内かつ金額単位での借入となっています。

カードローンのカードのタイプにはキャッシュカード兼用型とカードローン専用型の2種類あり、みずほ銀行の普通口座を保有していれば前者を利用することができます。前者は名前のとおり、キャッシュカードと兼用で利用できるものですが、後者と異なり自動貸越機能がついています。

この機能は普通預金を引き出す時に残高が不足すると、利用限度額の範囲内で自動的に不足分に関してカードローン口座から借入れして引き出しを可能にするものなので、必要な資金を別のカードを使用する手間なく引き出せるので便利です。

そして、最大の魅力は大手銀行のカードローンという安心感や信頼感があることです。ブラックな消費者金融などのカードローンでは違法な高い金利が設定されていることもあり、カードローンそのものの利用を躊躇される方もおられますが、都市銀行として長い歴史を持つカードローンなら安心して利用することができるはずです。

みずほ銀行でカードローンを申込したい!正しい使い方とその申込方法

みずほ銀行は、みずほフィナンシャルグループの都市銀行で日本の3大メガバンクのひとつ。2002年に第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行が合併して誕生した会社である。

個人的に魅力を感じるところは、宝くじの購入がインターネットで可能なこと。ロトやミニロトは支店のATMで購入可能なところ。宝くじに関しては全てが買えるわけではないが、ジャンボ系であればほとんどOK。インターネットで購入すると自分の口座から代金+手数料が引かれて、もし当選すれば自分の口座に送金される。高額当選にはまだ巡り合えていないのだが、小額当選は数度あり通帳記帳した際、ひそかに喜んでいる。家族には秘密のへそくり貯金として利用している。

みずほ銀行カードローンの特徴は、保証会社が消費者金融ではないことだ。旧第一勧業銀行や富士銀行時代から取引があった、クレディセゾンやオリエントコーポレーション(オリコ)といった信販会社と業務提携を結んでいるため、「銀行系カードローン」とは呼ばない。

カードローンの申込方法は、郵送・窓口・電話・携帯電話・インターネットで可能だ。申込条件は、安定かつ継続した収入が見込める、満20歳~満66歳未満の方で、保証会社(オリコ)の保証を受けられる方。とされている。最高で1000万円まで融資可能だが、インターネットからは50万円単位で希望できる。取引期間は1年とされており、1年ごとに審査があり自動更新となる。金利特典として、みずほ銀行で住宅ローンを利用している方のみ基準金利から年0.5%引き下げになる。返済が遅延した場合は、年19.9%となる。

○申込に必要な書類(以下のいずれか1通)

・運転免許証(変更事項があれば両面)
・運転経歴証明証(変更事項があれば両面・2012年3月31日以前の発行分は不可)
・パスポート(写真と住所のページ)
・各種健康保険証(カードの場合は両面)
・印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)
・住民票(発行後3ヶ月以内)
・住民基本台帳カード(変更事項があれば両面)
・特別永住者証明書(変更事項があれば両面)
・在留カード(変更事項があれば両面)

○希望融資額が100万円以上の場合

・源泉徴収票
・住民税決定通知書または課税証明(変更事項があれば両面)
・納税証明書(変更事項があれば両面・2012年3月31日以前の発行分は不可)

カードローンのカードは2種類あり、今使っている普通預金のキャッシュカード(キャッシュカード兼用型)か、新規発行するカードローン専用のカード(カードローン専用型)を選択できる。みずほ銀行に普通預金口座がある方は、新たなカードを作る手間のかからない手元のカードの利用をおすすめする。

他のメガバングとどちらがいいか迷うかも知れない。どの銀行でもサービス的なものに大差がないような気もするが、全国的に支店やATMが多い、みずほ銀行だと出張や旅行で地方へ行ったときに、安心であることは間違いない。自分にあった使い方を考えて申込してほしい。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 ※少額融資ならお任せ!※数万円借入したい人の為の金融案内! All Rights Reserved.