Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jujutaku10/hacha-mecha.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
消費者金融では利用者の年収によって貸出限度額が制限されるか | ※少額融資ならお任せ!※数万円借入したい人の為の金融案内!

消費者金融は年収で貸出限度額が制限される

キャッシングベスト3

私は年収が300万円のサラリーマンですが、大きな事故を起こしてまとまったお金が必要なので、消費者金融などのカードローンの利用を考えています。
しかし、金融会社によっては利用者の年収によってその借入限度額が異なると聞きましたが、それは本当なのでしょうか。また、その借入限度額はどのように決まるのでしょうか。

貸金業者には総量規制が適用され利用限度額は年収の3分の1まで

消費者金融の会社からお金を借りる場合、利用者は年収による借入制限を受けることになります。年収が300万円の場合、消費者金融からは100万円を超えて借りることができないのです。

貸金業法は2010年に改正され貸金業者に対して総量規制が適用されることになりました。総量規制とは、貸金業者からの個人としての全借入額を年収の3分の1までにさせる制度のことをいいます。つまり、貸金業者は個人に対する貸し付けで、その利用者の年収の3分の1を超えて貸し出すことができないのです。

貸金業者がこの総量規制に違反して貸付を行うと行政処分を受けることになりますが、利用者は処罰の対象とはなりません。貸金業者からの個人の借入れが既に年収の3分の1を超えている場合には新たな借入れは当然できませんが、超えた部分の返済を直ぐにする必要はなく契約のルールに従って返済すればよいことになっています。

また、クレジットカードを利用したキャッシングは総量規制の対象となり、年収の3分の1を超えて新たに借入れることはできません。しかし、クレジットカードを利用して商品を購入する場合は貸金業法の規制対象外となるので、金額的には年収の3分の1を超えてもクレジットカードで買い物をすることができます。

この総量規制は貸金業者を対象としており、銀行は規制の対象とはなっていません。したがって、銀行のカードローンなどは総量規制の対象外ですので、年収の3分の1を超えて銀行から借りることができます。また、銀行と消費者金融と合わせた借入総額が年収の3分の1を超えていても直ちには問題とはなりません。

もし総量規制により必要な借入額を賄うことができないなら銀行のカードローンを検討するのがよいでしょう。金利の面で多少不利になる場合もありますが、銀行系のカードローンのサービスも充実してきており、満足のできる商品もあるのではないでしょうか。

消費者金融での限度額ってどうなるの?それはあなたの年収次第です

「消費者金融でキャッシングしたいのだけれど、どのくらいまで借りられるのかなあ~」…消費者金融のカードローンのキャッシングは、審査も緩くてスピーディだから即日融資も可能で、すぐにお金が入用の方にとっては非常に便利ですし、借入限度額内ならば何回でも繰り返し利用できます。

ただし、銀行のカードローンと異なり、借入れの限度額は借りる人によってまちまちとなります。それは2010年6月に貸金業法が施行され、その結果として総量規制が導入されたからです。

総量規制とは、年収の3分の1を超える融資は原則として禁止されることなのです。ここで注意していただきたいのは「原則」ということです。

総量規制だと仮に借手の年収が300万円だとすると、3分の1ですから100万円が融資の限度額となるのです。他方で、銀行のカードローンの場合は総量規制の対象外となりますから、年収が300万円であっても融資額の上限は100万円とはならないのです。

が、総量規制の対象外だからと言って、「いくらでも借りられる」という訳ではありませんので注意して下さいね。とまれ、総量規制の対象か否かで借入れの限度額が決まってしまうのです。

そして、消費者金融のキャッシングでは、この総量規制の対象となることから借手の限度額は、その人の年収の3分の1までということに自動的に決まるのです。もうひとつ留意していただきたい点としては、先の年収300万円の融資の上限は100万円ということでしたが、100万円以上の融資の場合には年収証明書の提出が必要になることです。

一般的には50万円以下の融資なら年収証明書の提出は要求されません。また、仮に他の金融機関からすでに50万円融資してもらっているような場合は、新たに申し込んだ消費者金融では年収の3分の1である100万円が融資の上限額となる訳ではなく50万円が融資の上限額となります。

それは他社合計で年収の3分の1の100万円と計算するからです。それゆえ、他社ですでの100万円借入れをしてる場合は、新規の融資を断られるケースもあるのです。

さらに言えば、先の「原則」と申し上げたのは、年収300万円でも3分の1となる上限の100万円いっぱいまで上限額として必ず設定されるとは言えないことなのです。このあたりの事情に関しては様々な要因、たとえば消費者金融側の融資状況や年収証明書の提出があるか否かで流動的に変わると考えておかれた方が良いかもしれませんね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 ※少額融資ならお任せ!※数万円借入したい人の為の金融案内! All Rights Reserved.